≪アールアソシエイツ≫メールマガジン第42号

===================================================
□■~お客様のハッピーライフを演出する~          ■■
■■          ≪アールアソシエイツ≫メールマガジン      ■■
■■                            2010/5/25 第42号 ■□
===================================================

皆様こんにちは!!
アールアソシエイツメールマガジンの第42号です。
こちらを通じてお掃除に関する知識や、生活に役立つ情報などを皆様に
提供させていただきたいとおもいますので、弊社に興味をお持ちの方は
ぜひご登録宜しくお願い致します。

毎週火曜日発行。
配信解除をご希望されます方は、お手数ですがこちらの
フォームにて手続き願います。

■登録・配信解除フォーム■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ―――目次―――    
◇ほっとハッピータイム◇
◇重曹、酢を使ったお手入れ、掃除◇
◇小説・読み物情報◇
◇コラム◇

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□「家事代行アールメイド社員のブログ」「アールメイドの裏日記」
「アールおそうじセンターのブログ」もあります□

「家事代行アールメイド社員のブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/rmaidcom/ (不定期更新中!)

「アールメイドの裏日記」
http://ameblo.jp/r-maid/

「アールおそうじセンターのブログ」
http://ameblo.jp/r-souji/

=====================================
◇ほっとハッピータイム◇

「さやえんどう」

 小型のきぬさや、大ぶりのオランダさやえんどう、肉厚のスナップエンドウな
どの品種があるさやえんどうは、えんどうを早採りしたものだそうです。4月-5月
のちょうど今の時期がおいしい野菜です。カロテン、ビタミンC、食物繊維が豊
富で、豆の部分は、ビタミンB1、タンパク質も含まれています。必須アミノ酸の
リジンは体の成長を促進、集中力を高める効果があります。

『さやえんどうと温泉卵のサラダ』
<材料>
・さやえんどう・・・1袋(20本程度)
・温泉卵・・・1個
・マヨネーズ、牛乳・・・適量
・塩、こしょう・・・少々

<作り方>
・塩ゆでしたさやえんどうを皿に盛り、その上に温泉卵をのせる。
・マヨネーズを牛乳でのばし、塩・こしょうで味を調えてから全体に回しかける。
*きざんだピクルスやハーブをドレッシングにいれても良い。

 全体的に鮮やかな緑で、ハリがあり、豆が生育していないもの、ひげが白っぽく、
ピンとしているものが新鮮なさやえんどうです。ぽりぽりとした食感がおいしいさ
やえんどう。下ごしらえのスジ取りが結構好きだったりします。途中でぷつりと切
れてしまうと悔しく、綺麗に取れると非常に爽快な気分になれます。たくさん食べ
るときは、家族そろって、みんなでスジ取りに励むのも楽しいですね。

=====================================
◇重曹、酢などを使ったお手入れ、掃除◇

 環境問題の意識が世間で高まる中、弊社にもどんな洗剤を使っているのか、体に
害はないですか?等の問い合わせが増えてきています。暑くなってくると、靴下
なしで過ごすことも増えてまいります。気になる床の部分的な汚れにも重曹を使
っていただけます。

『フローリングの汚れ対策』

≪準備するもの≫
・適量の重曹、酢水、布
*重曹ペーストを作るときは水もご準備ください。

≪おそうじ方法≫
・重曹3:水1の割合で重曹ペーストを作ります。
・汚れの部分に重曹ペーストを塗り、しばらく放置します。
・ペーストがはがれてきたら取り除きます。
・酢水をスプレーして布で水気をふき取ります。
*重曹ペーストは乾燥すると固まるので、一回で使い切りましょう。

====================================
◇小説・読み物情報◇

読書が趣味の編集者が、おすすめの読み物をご紹介させていただくコーナーです。

『鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集』

鳥山石燕著
角川ソフィア文庫発行
平成17年7月25日発行

 今週は少し変わった画集の紹介です。作者の鳥山石燕とは、江戸時代の狩野派の
絵師で、妖怪画を好んで描きました。天狗や河童、雪女などの良く名前の知れた妖
怪の絵から、耳慣れない妖怪まで、様々な絵がおさめられています。日本の古典、
中国の書物にあらわれる妖怪を描いたものが多く、民間伝承なども含め、大変な数
の書物や、伝承に精通した知識人であったようです。しかし、一方で大変洒落者で、
ダジャレから生まれた妖怪なども多く収録されています。
 京極夏彦さんの小説が好きで、その小説の中で、主人公が参照している妖怪の本
の作者が鳥山石燕でした。インターネットで調べたところ、画集があるというので
購入したのがこの文庫です。個人的なお気に入りは「ぬっぺっぽう」。手足の感じ
がなんとも言えず好きです。ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪も多数収録されており、
文庫サイズで日本画観賞ができるおすすめの一冊です。

===================================
◇コラム◇

『梅干し』

 私は、梅干しが苦手です。鶏肉の梅肉はさみ揚げなど、加熱されているものや、
梅酒は大丈夫なのですが、まるまるの梅干しやかりかり梅など、梅干しとして存
在感のあるものがどうも苦手です。原因は幼少のころ、母の友人に「さくらんぼ」
と言われて食べさせられたことがトラウマになった様子です。そんな事件があり、
ほとんど梅を口にせず生きてきたので、梅干しを見ると唾液がでる、という条件
反射が私にはありません。梅干し、殺菌作用があるので夏場のお弁当には欠かせ
ないおかず。私は常に食中毒と隣り合わせです。(最近はわさびシートなるもの
が出てきて助かっています)
 もともと梅干しは、梅酢を作った時にできる副産物だったそうです。食用では
なく、焼いて漢方薬として利用されていました。土蔵のような環境であれば、腐
らずに保存が可能で、1576年につけた梅干しが腐らずに現存しているそうです。
補充ができないため、実際に試食などはしていないのですが、400年以上ももつな
んてタフなお漬物です。まれに黒く腐ることがあり、「腐らないはずの梅干しが
腐る」=なにかの予兆であるという迷信を伝える地域もあります。
 これから、食中毒や夏バテが気になる季節になってゆきます。消毒効果やクエン
酸で疲労回復に効果のある梅干しを効果的に採り、元気に暑さを乗り切りたいです
ね。

===================================
◇天然バナジウム水配送しています◇

最近様々な食べ物ついての不祥事が続いていますね。
体内に摂取しなければいけない物ですから、確実に安全な飲み物、食べ物
の需要が高まってきています。私が子供の頃は水道水をがぶがぶ飲んでい
ましたが、今のお子様達は飲み水=ペットボトルやサーバーから出る水、という
認識しかないそうです。寂しい事に、いつの間にか水は生活用水と飲み水
とに使い分けていく時代になっています。
  そこで安全な飲み水としてお薦めなのが《天然バナジウム水》です。
富士山の北麓、海抜920mに工場を立地し、7層の玄武岩を通過して得ら
れる地下水を203mの井戸から採取しています。4大ミネラルを多く含み
硬度25度の超軟水でとてもまろやかな口当たりです。

弊社ではこちらの『天然バナジウム水』の宅配サービスを始めました。
全国配送可
1本12リットル入りボトル¥1,700  配送無料
サーバーレンタル料¥500

詳しくはこちらまでお問い合わせください                   
http://www.r-rental.com/products/waterone.htm

===================================
各事業部の詳しいお問い合わせ、最新情報はこちらまで

アールおそうじセンター   http://www.r-osouji.com/
アールメイド          http://www.r-maid.com/
アールレンタル        http://www.r-rental.com/
レンジフィルターねっと    http://www.rangefilter.net/

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
■登録・配信解除フォームはこちら■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
株式会社 アールアソシエイツ

本社: 東京都世田谷区用賀2-14-11 3F
(受付)03-3707-7290 (フリーダイアル)0120-599-070
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

メールマガジンTOPへ戻る

バックナンバー

2012年

2011年

さらに前のバックナンバーはこちら