≪アールアソシエイツ≫メールマガジン第46号

===================================================
□■~お客様のハッピーライフを演出する~          ■■
■■          ≪アールアソシエイツ≫メールマガジン      ■■
■■                            2010/6/22  第46号 ■□
===================================================

皆様こんにちは!!
アールアソシエイツメールマガジンの第46号です。
こちらを通じてお掃除に関する知識や、生活に役立つ情報などを皆様に
提供させていただきたいとおもいますので、弊社に興味をお持ちの方は
ぜひご登録宜しくお願い致します。

毎週火曜日発行。
配信解除をご希望されます方は、お手数ですがこちらの
フォームにて手続き願います。

■登録・配信解除フォーム■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ―――目次―――    
◇ほっとハッピータイム◇
◇重曹、酢を使ったお手入れ、掃除◇
◇小説・読み物情報◇
◇コラム◇

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□「家事代行アールメイド社員のブログ」「アールメイドの裏日記」
「アールおそうじセンターのブログ」もあります□

「家事代行アールメイド社員のブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/rmaidcom/ (不定期更新中!)

「アールメイドの裏日記」
http://ameblo.jp/r-maid/

「アールおそうじセンターのブログ」
http://ameblo.jp/r-souji/

=====================================
◇ほっとハッピータイム◇

「しそ」

 漢字で「紫蘇」と書き、本来しそとは赤じそのことを意味します。青じそは
赤じその変種で、青じそ、大葉ともいい、爽やかな香りとさっぱりした味わい
が特徴です。
 青じそはビタミン類、ミネラル類が多く、とくにカロテンとカルシウムは野
菜の中でも群を抜いています。赤じそはカロテンの量が若干青じそより少ない
ですが、他の栄養素は青じそと変わりません。香り成分に防腐作用があり、最
近では実から採れる油に強い抗酸化作用が認められるなど、健康野菜としてま
すます注目されています。

 『しそジュース』
<作り方>
赤じそを水から煮て、砂糖とクエン酸を加えて出来上がりです。
旬の赤じぞを疲労回復にお役立てください。

 葉の色が濃く、みずみずしいハリツヤがあり、葉先までピンとしていて葉や
切り口に変色のないものを選びましょう。湿らせたキッチンペーパーに包み、
ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存すると2-3日持ちます。
 
=====================================
◇重曹、酢などを使ったお手入れ、掃除◇

 環境問題の意識が世間で高まる中、弊社にもどんな洗剤を使っているのか、体に
害はないですか?等の問い合わせが増えてきています。

『掃除機の排気』

 お掃除にかかせないのが「掃除機」です。換気をしても、どうも排気の臭いが
気になるということがあります。こまめにゴミパックやゴミパックがある場所を
掃除することが大切ですが、脱臭効果のある重曹を吸引させるだけでも、臭いの
改善が見られます。
 畳に重曹をまき、少し置いてから掃除機で吸うと、畳のお掃除もでき、一石二
鳥です。手早く行えるので、お掃除のついでに、お試しくださいませ。

====================================
◇小説・読み物情報◇

読書が趣味の編集者が、おすすめの読み物をご紹介させていただくコーナーです。

『ぶたにく』

大西 暢夫著
幻冬舎発行
2010年1月30日発行

 鹿児島にある養豚場のお話。ぶたは可愛い、けど豚肉は美味しい、そんな言葉
が印象的な写真絵本です。
 しかし、彼らは人間に食べられるために育てられ、10カ月で出荷されるという
運命を生きています。良く食べ、良く眠る子ブタたち。一生懸命に食べる餌は小
学校から届く残飯で、その中には豚肉が含まれていることもあります。
 小さなころから、どんなに忙しくても食事の前には、手を合わせて「いただき
ます」と心をこめて挨拶をしてから食べるように言われてきました。食事をとり、
命をいただいていきることに、感謝をすることを忘れてはいけないと改めて気が
つける一冊でした。

===================================
◇コラム◇

『贈り物』

 先日は父の日でした。弊社の朝礼でも、月曜日は父の日の話題が多く、お子さん
のいらっしゃる方は、お子さんとのエピソードや、お父様にプレゼントを贈った話
など心温まるお話の数々に、優しい気持ちで一週間をスタートすることができまし
た。
 私の父の日の思い出は、小学校の時にさかのぼります。ボールペンに手紙を添え
て、帰宅した父に渡しました。その時の父が疲れていたのか、忙しかったのか、定
かではありませんが何日かそのまま棚の上にいるボールペン。数日後、父はそのボ
ールペンを私に差し出しながら、一言、きちんとしまいなさい、と私にいい、出勤
していきました。それ以来、父の日は基本的になかったことにして過ごす私です。
文面にするとかなりひどい父親のように見えますが、父はただ単に忘れっぽいのん
びりした普通の人です。当時は確かにショックでしたが。毎年父の日が近づくと、
家族でこの話をして笑います。
 贈り物には、その人に喜んでほしいという、贈る人の気持ちが込められています。
たとえその人の好みに合うものでなかったとしても、「その人のために選んだ」と
いうことが、大切なのだと思います。いただく立場になると、相手の自分に対する
イメージを垣間見ることができるようで、二重に楽しかったりします。誰かになに
かを贈るときは、ついつい「気に入るものか、使ってくれるか、そもそも必要か」
など余計なことを考えて、不安になりがちですが、選ぶ自分も楽しく、相手の顔を
思い浮かべて贈り物をしてゆきたいと思います。
 昨日、遅ればせながら父に日本酒をプレゼントしました。帰りが遅かったので、
食卓の上(帰宅したら必ず通る場所)にメッセージと一緒に置いておきました。今
朝、見事にそのままでした。相手が受け取っていないので、まだ「贈り物」が成立
していないのですが、本日、きちんと手渡しをしようと思いました。

===================================
◇天然バナジウム水配送しています◇

最近様々な食べ物ついての不祥事が続いていますね。
体内に摂取しなければいけない物ですから、確実に安全な飲み物、食べ物
の需要が高まってきています。私が子供の頃は水道水をがぶがぶ飲んでい
ましたが、今のお子様達は飲み水=ペットボトルやサーバーから出る水、という
認識しかないそうです。寂しい事に、いつの間にか水は生活用水と飲み水
とに使い分けていく時代になっています。
  そこで安全な飲み水としてお薦めなのが《天然バナジウム水》です。
富士山の北麓、海抜920mに工場を立地し、7層の玄武岩を通過して得ら
れる地下水を203mの井戸から採取しています。4大ミネラルを多く含み
硬度25度の超軟水でとてもまろやかな口当たりです。

弊社ではこちらの『天然バナジウム水』の宅配サービスを始めました。
全国配送可
1本12リットル入りボトル¥1,700  配送無料
サーバーレンタル料¥500

≪Water Oneサマーキャンペーン2010≫
今夏、期間限定でサーバーレンタル料無料キャンペーンを実施致します。
【1000台限定  7月1日から8月31日までの2ヶ月間にお申し込みいただいた方は、
サーバーレンタル料金が無料になります!】

詳しくはこちらまでお問い合わせください                   
http://www.r-rental.com/products/waterone.htm

===================================
各事業部の詳しいお問い合わせ、最新情報はこちらまで

アールおそうじセンター   http://www.r-osouji.com/
アールメイド          http://www.r-maid.com/
アールレンタル        http://www.r-rental.com/
レンジフィルターねっと    http://www.rangefilter.net/
R-shop            http://www.r-goodshop.com/ 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
■登録・配信解除フォームはこちら■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
株式会社 アールアソシエイツ

本社: 東京都世田谷区用賀2-14-11 3F
(受付)03-3707-7290 (フリーダイアル)0120-599-070
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

メールマガジンTOPへ戻る

バックナンバー

2012年

2011年

さらに前のバックナンバーはこちら