≪アールアソシエイツ≫メールマガジン第55号

===================================================
□■~お客様のハッピーライフを演出する~          ■■
■■          ≪アールアソシエイツ≫メールマガジン      ■■
■■                            2010/8/24  第55号 ■□
===================================================

皆様こんにちは!!
アールアソシエイツメールマガジンの第55号です。
こちらを通じてお掃除に関する知識や、生活に役立つ情報などを皆様に
提供させていただきたいとおもいますので、弊社に興味をお持ちの方は
ぜひご登録宜しくお願い致します。

毎週火曜日発行。
配信解除をご希望されます方は、お手数ですがこちらの
フォームにて手続き願います。

■登録・配信解除フォーム■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ―――目次―――    
◇ほっとハッピータイム◇
◇重曹、酢を使ったお手入れ、掃除◇
◇小説・読み物情報◇
◇コラム◇

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□「家事代行アールメイド社員のブログ」「アールメイドの裏日記」
「アールおそうじセンターのブログ」もあります□

「家事代行アールメイド社員のブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/rmaidcom/ (不定期更新中!)

「アールメイドの裏日記」
http://ameblo.jp/r-maid/

「アールおそうじセンターのブログ」
http://ameblo.jp/r-souji/

=====================================
◇ほっとハッピータイム◇

「つるむらさき」
 
 熱帯アジア原産のつる性植物で、つる先の若い葉と茎を食用にします。日本では、
古くから染料として利用されてきましたが、70年代から野菜として作られるように
なりました。
 英名では「インドのホウレン草」ですが、ホウレン草とは全く別の種で、栄養価
はホウレン草以上です。真夏が旬で、カロテン、ビタミンC、B2、カリウム、カルシ
ウム、鉄などが豊富に含まれた栄養満点の夏野菜です。独特の土臭さのある野菜で
すが、ゆでるより炒めた方がにおいをうまく抑えられるそうです。

『つるむらさきの中華炒め』
<材料>
・つるむらさき・・・1束
・オイスターソース・・・適量
・にんにく・・・1片
・ごま油・・・少々

<作り方>
・つるむらさきはサッとゆでて水気をしぼり、食べやすい長さに切る。
・にんにくを炒め、炒め油に香りが移ったらつるむらさきを加え、オイスターソース
で味をつける。
・仕上げにごま油をたらして完成。

 色鮮やかで葉の色が濃く、ハリツヤが良く肉厚な葉、茎は切り口がみずみずしく
変色していない物を選びましょう。生でも食べられますが、独特のクセのある風味
があるので、カレー風味や中華風などの濃い目の味付けが向いています。ビタミン
Cが壊れやすいため、加熱はなるべく短時間で行いましょう。9月ごろまでまだまだ
暑さが続くそうです。栄養をたっぷりとって、厳しい残暑に備えたいですね。

====================================
◇重曹、酢などを使ったお手入れ、掃除◇

 環境問題の意識が世間で高まる中、弊社にもどんな洗剤を使っているのか、体に
害はないですか?等の問い合わせが増えてきています。夏の暑さで、ついつい冷
たいうどんや麺類の食事が増えてしまう時期。スパゲティやうどんの茹で汁の中
のでんぷん質で、食器洗いができます。

『スパゲティ・うどんの茹で汁』
<準備するもの>
・スパゲティなどめん類の茹で汁
・スポンジ

<掃除方法>
・油汚れのついた食器を茹で汁の中にしばらくつけておく。
・スポンジなどで油汚れをふき取る。
※茹で汁が熱い方が落ちやすいが、冷めたものでも効果は十分です。火傷や、食器
の素材によっては高温ですと変色・変形などが起こる場合がございますので、ご注
意ください。

====================================
◇小説・読み物情報◇

読書が趣味の編集者が、おすすめの読み物をご紹介させていただくコーナーです。

『蛇衆』

矢野隆著
集英社発行
2009年1月10日発行

 『その赤子はお前を喰らう蛇になる』。
ある男が村を滅ぼし、未来を見る力を持つという巫女の予言をうけたことから、全
ては始まる。
 戦場から戦場へ、自らの戦闘力を売りながら暮らす傭兵集団『蛇衆』。6人を味
方につければ、その戦で負けることがないと言われた最強の荒喰である。闘いに明
け暮れ過酷な日々を過ごしながらも、仲間と支え合い、懸命に生きていた彼等の運
命は、鷲尾家にかけられた30年前の呪いにより、大きく変わっていく。
 書店にて、漫画化記念の小冊子を配布しており、それをきっかけに手に取った一
冊です。戦闘シーンの描写がとても躍動的で、迫力満点。束の間の休息時、命がけ
の戦場を一緒に生き抜いてきた仲間との打ち解けた会話や、家族とも友達とも言い
切れない微妙な人間関係の重なりあい、権力者による欲望と策略の仕掛け合いが、
活き活きと描かれています。
 登場人物の葛藤や、成長する姿がとても印象的で、時代や環境は違っても、人は
様々な人に助けられ、影響されて生きていることを考えさせられました。漫画化す
るそうなので、楽しみに単行本の発売を待とうと思います。

===================================
◇コラム◇

『花火』

 先週の土曜日は多摩川の花火大会でした。弊社事務所のベランダからも、花火が
よく見えました。
 ご近隣では、浴衣をお召しになる方や、飲み物や椅子を用意されて、家の前から
楽しまれる方などがいらっしゃいました。事務所から駅までの下り坂では、用賀神
社の木々の後ろから、大きな花火が上がる様子が見え、大変華やかで綺麗でした。
 花火はテレビで見ると決めている私にとって数年ぶりの花火。火薬の匂いや、人
々の歓声など、花火をもり立てる様々な効果によって、実物の花火は、より綺麗に
見えるのだと実感いたしました。
 来年は、花火大会にいくくらいアクティブになれていたら良いなと、ここ何年か
毎年同じことを思っています。しかし、暑さと人ごみが苦手で室内にこもっていた
い性質の私には、当面会社のベランダから見る、ちょっと建物などに阻まれてみる
くらいの花火との距離が調度良さそうです。

===================================
◇天然バナジウム水配送しています◇

最近様々な食べ物ついての不祥事が続いていますね。
体内に摂取しなければいけない物ですから、確実に安全な飲み物、食べ物
の需要が高まってきています。私が子供の頃は水道水をがぶがぶ飲んでい
ましたが、今のお子様達は飲み水=ペットボトルやサーバーから出る水、という
認識しかないそうです。寂しい事に、いつの間にか水は生活用水と飲み水
とに使い分けていく時代になっています。
  そこで安全な飲み水としてお薦めなのが《天然バナジウム水》です。
富士山の北麓、海抜920mに工場を立地し、7層の玄武岩を通過して得ら
れる地下水を203mの井戸から採取しています。4大ミネラルを多く含み
硬度25度の超軟水でとてもまろやかな口当たりです。

弊社ではこちらの『天然バナジウム水』の宅配サービスを始めました。
全国配送可
1本12リットル入りボトル¥1,700  配送無料
サーバーレンタル料¥500

≪Water Oneサマーキャンペーン2010≫
今夏、期間限定でサーバーレンタル料無料キャンペーンを実施致します。
【1000台限定  7月1日から8月31日までの2ヶ月間にお申し込みいただいた方は、
サーバーレンタル料金が無料になります!】

詳しくはこちらまでお問い合わせください                   
http://www.r-rental.com/products/waterone.htm

===================================
各事業部の詳しいお問い合わせ、最新情報はこちらまで

アールおそうじセンター   http://www.r-osouji.com/
アールメイド          http://www.r-maid.com/
アールレンタル        http://www.r-rental.com/
レンジフィルターねっと    http://www.rangefilter.net/
R-shop            http://www.r-goodshop.com/ 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
■登録・配信解除フォームはこちら■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
株式会社 アールアソシエイツ

本社: 東京都世田谷区用賀2-14-11 3F
(受付)03-3707-7290 (フリーダイアル)0120-599-070
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

メールマガジンTOPへ戻る

バックナンバー

2012年

2011年

さらに前のバックナンバーはこちら