≪アールアソシエイツ≫メールマガジン第62号

===================================================
□■~お客様のハッピーライフを演出する~          ■■
■■          ≪アールアソシエイツ≫メールマガジン      ■■
■■                            2010/10/12  第62号 ■□
===================================================

皆様こんにちは!!
アールアソシエイツメールマガジンの第62号です。
こちらを通じてお掃除に関する知識や、生活に役立つ情報などを皆様に
提供させていただきたいとおもいますので、弊社に興味をお持ちの方は
ぜひご登録宜しくお願い致します。

毎週火曜日発行。
配信解除をご希望されます方は、お手数ですがこちらの
フォームにて手続き願います。

■登録・配信解除フォーム■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ―――目次―――    
◇ほっとハッピータイム◇
◇重曹、酢を使ったお手入れ、掃除◇
◇小説・読み物情報◇
◇コラム◇

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□「アールおそうじセンターのブログ」もあります□

「アールおそうじセンターのブログ」
http://ameblo.jp/r-souji/

=====================================
◇ほっとハッピータイム◇
「しいたけ」

 秋といえばきのこ、といったイメージです。しいたけが本格的に食用にされた
のは室町時代、栽培が始まったのは江戸時代といわれています。ビタミンB群が
多く、豊富に含まれるエルゴステロールは日にあたると、骨の形成に欠かせない
ビタミンDに変化します。また、血中コレステロールを低下させるエリタデニン、
免疫細胞を活性化させるといわれるβ-グルカンの一種レンチナンが含まれてい
ます。うまみ成分であるグアニル酸は、加熱すると増加し、香りとうまみがアッ
プします。

 『きのこの中華風マリネ』
<材料>
・好みのきのこ・・・適量
・にんにく・・・少々
・黒酢、油・・・適量

<作り方>
・好みのきのこは食べやすい大きさにしておく。
・フライパンに油を引き、にんにくの香りを移したら、きのこを入れて炒める。
・火が通ったら黒酢を回しかけて、火を止める。

 しいたけの旬は春と秋です。冬を越した春のしいたけは春子と呼ばれ、身がし
まってうまみがあるそう。秋が旬の秋子は香りがいいのが特徴です。干すと栄養
がアップするしいたけ、食べる前に1-2時間日光にあてるだけでも効果があるそう
です。水で洗うと風味が落ちてしまうので、汚れは軽く払って落とすか、湿らせ
たキッチンペーパーでふき取るようにしましょう。しいたけのお味噌汁が大変好
物です。白味噌に、しいたけからでた出汁がとけてなんとも美味しい一品です。
冬の朝ごはんによく食べては温まっております。残暑が厳しい年の冬は寒くなる
とうわさですので、今年もしいたけ味噌汁のお世話になりそうです。

====================================
◇重曹、酢などを使ったお手入れ、掃除◇

 環境問題の意識が世間で高まる中、弊社にもどんな洗剤を使っているのか、体に
害はないですか?等の問い合わせが増えてきています。お皿やコップを載せる水
切り板。食器が触れるものは常に清潔にしていたいですね。

『キッチン水切り板のお手入れ』

<準備するもの>
・重曹
・キッチン用ブラシ
・歯ブラシ

<掃除方法>
・全体を簡単に水で洗い流す。
・全体に重曹を薄く振りかける。
・湿らせたキッチンブラシで全体の汚れをこすり落とす。
・細かい部分の汚れは歯ブラシを使う。
・裏面も同様に洗う。
・水でキレイに流す。
・空拭きで仕上げるとピカピカになります。

====================================
◇小説・読み物情報◇

読書が趣味の編集者が、おすすめの読み物をご紹介させていただくコーナーです。

『おおきな木』

シェル・シルヴァスタイン著
ほんだきんいちろう訳
篠崎書林発行
1976年発行

 先日書店に立ち寄ったところ、懐かしい緑の表紙の絵本が新刊のコーナーに陳
列されていました。翻訳を村上春樹さんが行って新しく発売したとのこと。小学
生のころ、国語の授業内で図書館に行くことができる時間が一月に一回くらいあ
りました。本を借りて、その感想文を書くという授業でした。授業中にみんなで
外に出られるということと、好きな本を選ぶことができるということで、その時
間がすごく好きだったことをよく覚えています。読書感想文のテーマにはしなかっ
たのですが、図書館に行くときはたびたびこの本を手にとって読んでいました。
少年が欲しいものを与え続け、最後は切り株になってしまう木の話を読みながら、
なぜかいまだにいつも木の姿が祖父母や、父と母に重なり、大切にしてもらって
おきながら、自分がついそっけなくしてしまったときのことを思い出して苦い思
いをしてしまいます。
 成長の過程で、どうしても疎遠になる人や物というのはありますが、常に、掛
けてもらった愛情に感謝して、自分も返していけるようになりたいと思います。
読むといつも特別な気持ちになる思い出の一冊です。

===================================
◇コラム◇

『整理整頓』
 
 現在部屋の中を整理整頓、改造中です。使わないものを処分したり、収納を整
理したりと、休日に少しずつ時間をとって進めています。おかげでだいぶ片付い
てまいりました。もともとあったカラーボックスをタンス代わりに、使えるよう、
引き出しを入れて収納を作成。使いやすくて動かすことも簡単にできるので、気
に入っているのですが、もとからあったため、色がばらばらで、後から購入した
白い本棚にならべるとなんだか統一感がなく、多少もやもやしてすごしていまし
た。やっと昨日、カラーボックスを外に引っ張り出してペンキで白く塗装する決
心がつき、よく晴れた昼間に表で必死に作業を行いました。素人作業なので、多
少のムラはありますが、あとから引き出しを入れてしまえば中は見えない、とい
う事情に大いに甘えて何とか完成。やっと部屋の色合いも整ってきました。
 こうして長い時間掛けてこつこつ整理を行っていると、いかにたくさんのもの
に囲まれて生活しているかが、改めてよくわかります。使わないものは処分して、
新しくできたスペースを活用したり、別の使い方にアレンジしてみたりと、なか
なか楽しい作業でした。屋外でじっとして動かずペンキ塗り作業をしていたため、
季節外れの大量の蚊に刺されに苦しむことになりましたが、年内には、部屋をす
べてきれいにしたいので、今後もこつこつ続けていきたいと思います。
 
===================================
◇天然バナジウム水配送しています◇

最近様々な食べ物ついての不祥事が続いていますね。
体内に摂取しなければいけない物ですから、確実に安全な飲み物、食べ物
の需要が高まってきています。私が子供の頃は水道水をがぶがぶ飲んでい
ましたが、今のお子様達は飲み水=ペットボトルやサーバーから出る水、という
認識しかないそうです。寂しい事に、いつの間にか水は生活用水と飲み水
とに使い分けていく時代になっています。
  そこで安全な飲み水としてお薦めなのが《天然バナジウム水》です。
富士山の北麓、海抜920mに工場を立地し、7層の玄武岩を通過して得ら
れる地下水を203mの井戸から採取しています。4大ミネラルを多く含み
硬度25度の超軟水でとてもまろやかな口当たりです。

弊社ではこちらの『天然バナジウム水』の宅配サービスを始めました。
全国配送可
1本12リットル入りボトル¥1,700  配送無料
サーバーレンタル料¥500

詳しくはこちらまでお問い合わせください                   
http://www.r-rental.com/products/waterone.htm

===================================
各事業部の詳しいお問い合わせ、最新情報はこちらまで

アールおそうじセンター   http://www.r-osouji.com/
アールメイド          http://www.r-maid.com/
アールレンタル        http://www.r-rental.com/
レンジフィルターねっと    http://www.rangefilter.net/
R-shop            http://www.r-goodshop.com/ 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
■登録・配信解除フォームはこちら■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
株式会社 アールアソシエイツ

本社: 東京都世田谷区用賀2-14-11 3F
(受付)03-3707-7290 (フリーダイアル)0120-599-070
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

メールマガジンTOPへ戻る

バックナンバー

2012年

2011年

さらに前のバックナンバーはこちら