≪アールアソシエイツ≫メールマガジン第63号

===================================================
□■~お客様のハッピーライフを演出する~          ■■
■■          ≪アールアソシエイツ≫メールマガジン      ■■
■■                            2010/10/19  第63号 ■□
===================================================

皆様こんにちは!!
アールアソシエイツメールマガジンの第63号です。
こちらを通じてお掃除に関する知識や、生活に役立つ情報などを皆様に
提供させていただきたいとおもいますので、弊社に興味をお持ちの方は
ぜひご登録宜しくお願い致します。

毎週火曜日発行。
配信解除をご希望されます方は、お手数ですがこちらの
フォームにて手続き願います。

■登録・配信解除フォーム■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ―――目次―――    
◇ほっとハッピータイム◇
◇重曹、酢を使ったお手入れ、掃除◇
◇小説・読み物情報◇
◇コラム◇

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□「アールおそうじセンターのブログ」もあります□

「アールおそうじセンターのブログ」
http://ameblo.jp/r-souji/

=====================================
◇ほっとハッピータイム◇
「にんじん」

 原産地はアフガニスタン。豊富に含まれるカロテンは、免疫力を高め、
皮膚や粘膜を強くし、ガン、心臓病、動脈硬化などに効果があるといわ
れています。カリウム、カルシウムも豊富で、ビタミンCも含まれてい
ます。表皮の下にカロテンがもっとも多く含まれているので、できるだ
け、むかずに摂取するとよいそうです。出荷の際にキレイに洗われてい
るので、タワシなどで調理前にきちんと洗ってよく流せば食べられるの
だそうです。葉付のものは、葉にも栄養が豊富なので、天ぷらやおひた
し、炒め物にしてぜひ食べてみてください。茎はかたいので、下ゆでし
て細かく刻んでから調理すると食べやすいです。

『にんじんのペースト』
<材料>
・にんじん・・・2本
・生クリーム・・・100cc
・バター・・・適量
・塩、こしょう・・・少々

<作り方>
・にんじんを輪切りにし、やわらかくなるまで茹でる。
・マッシャーでつぶし、熱いうちにバター、生クリームを加え、塩、
こしょうで味を調える。

 子どもの苦手な野菜として定着気味だったにんじんですが、近年好き
な野菜の8位にランクインという快挙を成し遂げたそうです。二十数年
前は、嫌いな野菜の2位だったのですが、品種改良が進み、独特の香り
が減ってクセがなくなったため食べやすくなったことで人気野菜の仲間
入りを果たしたようです。野菜ジュースやケーキの中にはいったにんじ
んはお菓子感覚で摂取できるので、味が苦手な人でも取り入れやすいで
すね。

====================================
◇重曹、酢などを使ったお手入れ、掃除◇

 環境問題の意識が世間で高まる中、弊社にもどんな洗剤を使っているの
か、体に害はないですか?等の問い合わせが増えてきています。知らない
うちに溜まってしまうせっけんカスやカルキ成分は、クエン酸を使って優
しくゆっくり気長に落としていきましょう。

『水栓金具のお手入れ』

<準備するもの>
・クエン酸
・スポンジ
・歯ブラシ

<掃除方法>
・小皿にクエン酸小さじ1/4と水大さじ3を入れてクエン酸水を作る。
・スポンジにクエン酸水をつけて汚れを落とす。
・細かい部分は歯ブラシを使う。
・蛇口の口の部分の汚れは、クエン酸を浸したティッシュを貼り付け、10
分ほど置く。
・貼り付けたティッシュで汚れをふき取り、水でよく洗い流す。
・一度で落ちない汚れは、部分的にスポンジや歯ブラシでこすり、水で洗
い流す作業を繰り返す。
・最後に空拭きをして仕上げる。

※金属は酸やアルカリに弱いので、変色する恐れがあります。放置時間な
どにお気をつけください。

====================================
◇小説・読み物情報◇

読書が趣味の編集者が、おすすめの読み物をご紹介させていただくコーナー
です。

『旧怪談 耳袋より』
 
京極夏彦著/訳
篠崎書林発行
2007年7月6日発行

 小学生の頃、学校の怪談や、怖い話の本を友達と集まって読むのが流行っ
たことがありました。教室の後ろのロッカーの小さな本棚にみんなで持ち寄っ
た怖い話の本が並べてあり、そこから休み時間に一冊選んで読む。数人で読
むので、怖いという気持ちよりも、その怖さを楽しんで騒ぎながら読んでい
ました。しかし、寝る直前、照明を落とした部屋でなぜか急に思い出してと
てもいやな気持ちになるという毎日。毎回そうなることはわかっているのに、
なぜか次の日も怖い話に吸い寄せられる。そんな気持ちを久しぶりに感じた
一冊でした。
 もともとのお話は江戸時代のもので、それを現代語訳したものが本書です。
原文も載っているので、比較するとまた違った楽しみ方ができるそうです。
私は古典が堪能でなかったために、訳仕方の違いなどは読み取れず。「クー
リングオフ」「ミーティング」といった現代使うような言葉に訳されている
部分もあり、現代小説のような感覚で読むことができます。不思議で不気味
で、でも読み始めると止まらなくなってしまう一冊。きっとまた寝る前にじ
んわり効いてくることでしょう。私も懲りないものです。

===================================
◇コラム◇

『紅葉』

 今年の紅葉は、夏の猛暑のせいでキレイに染まるとのうわさを耳にしまし
た。暑さには苦しめられましたが、まさかうれしい影響があるのは意外でし
た。事務所の裏の用賀神社には、立派な樹がたくさんあるので、きっとキレ
イに紅葉してくれることでしょう。まさかこんなに近くで、通勤帰宅の道す
がら紅葉狩りができるとは。今から楽しみです。
 紅葉といえば、京都の嵐山が美しいとよく耳にします。学生時代、卒論の
調査のため、滋賀まで行く機会があった折、宿泊場所を京都に手配し、帰り
に観光めぐりをしたのですが、一泊二日という強行スケジュールの上、京都
駅近くに宿を取ったため、とうてい嵐山まで移動する時間はなく、泣く泣く
訪問をあきらめた思い出があります。9月下旬だったので、もともと行けた
ところで紅葉などかけらもしていなかったと思いますが、機会があればぜひ
行きたい場所のひとつです。 
 
===================================
◇天然バナジウム水配送しています◇

最近様々な食べ物ついての不祥事が続いていますね。
体内に摂取しなければいけない物ですから、確実に安全な飲み物、食べ物
の需要が高まってきています。私が子供の頃は水道水をがぶがぶ飲んでい
ましたが、今のお子様達は飲み水=ペットボトルやサーバーから出る水、という
認識しかないそうです。寂しい事に、いつの間にか水は生活用水と飲み水
とに使い分けていく時代になっています。
  そこで安全な飲み水としてお薦めなのが《天然バナジウム水》です。
富士山の北麓、海抜920mに工場を立地し、7層の玄武岩を通過して得ら
れる地下水を203mの井戸から採取しています。4大ミネラルを多く含み
硬度25度の超軟水でとてもまろやかな口当たりです。

弊社ではこちらの『天然バナジウム水』の宅配サービスを始めました。
全国配送可
1本12リットル入りボトル¥1,700  配送無料
サーバーレンタル料¥500

詳しくはこちらまでお問い合わせください                   
http://www.r-rental.com/products/waterone.htm

===================================
各事業部の詳しいお問い合わせ、最新情報はこちらまで

アールおそうじセンター   http://www.r-osouji.com/
アールメイド          http://www.r-maid.com/
アールレンタル        http://www.r-rental.com/
レンジフィルターねっと    http://www.rangefilter.net/
R-shop            http://www.r-goodshop.com/ 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
■登録・配信解除フォームはこちら■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
株式会社 アールアソシエイツ

本社: 東京都世田谷区用賀2-14-11 3F
(受付)03-3707-7290 (フリーダイアル)0120-599-070
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

メールマガジンTOPへ戻る

バックナンバー

2012年

2011年

さらに前のバックナンバーはこちら