≪アールアソシエイツ≫メールマガジン第64号

===================================================
□■~お客様のハッピーライフを演出する~          ■■
■■          ≪アールアソシエイツ≫メールマガジン      ■■
■■                            2010/10/26  第64号 ■□
===================================================

皆様こんにちは!!
アールアソシエイツメールマガジンの第64号です。
こちらを通じてお掃除に関する知識や、生活に役立つ情報などを皆様に
提供させていただきたいとおもいますので、弊社に興味をお持ちの方は
ぜひご登録宜しくお願い致します。

毎週火曜日発行。
配信解除をご希望されます方は、お手数ですがこちらの
フォームにて手続き願います。

■登録・配信解除フォーム■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ―――目次―――    
◇ほっとハッピータイム◇
◇重曹、酢を使ったお手入れ、掃除◇
◇小説・読み物情報◇
◇コラム◇

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□「アールおそうじセンターのブログ」もあります□

「アールおそうじセンターのブログ」
http://ameblo.jp/r-souji/

=====================================
◇ほっとハッピータイム◇
「チンゲンサイ」
 
 中華料理や、野菜炒めでおなじみのちんげんさい。中国原産の野菜で、
白菜の仲間だそうです。カロテン、ビタミンC、Eなどのビタミン類が
豊富で、強い抗酸化作用があり、ガンや生活習慣病の予防効果もありま
す。また、カルシウム、鉄などもミネラル類も多く、栄養価の高い緑黄
色野菜です。アクがないので下ゆでの必要がなく、油と一緒に摂ること
で、ビタミン、ミネラルの吸収率がアップし、たんぱく質と組み合わせ
るとカロテンやカルシウムの吸収率が高まります。
 
『チンゲンサイのアサリあんかけ』
<材料>
・チンゲンサイ・・・2株
・アサリの水煮缶・・・1缶
・しょうが・・・少々
・酒、しょう油・・・少々
・水溶き片栗粉・・・少々

<作り方>
・アサリと半量の煮汁、しょうがの千切り、水を鍋に入れ、火にかける。
煮汁は塩気が強いので、水を加えて濃度を調整する。
・煮立ったら酒としょう油で味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
・ゆでたチンゲンサイを皿に盛り、アサリあんをかける。

 ミニチンゲンサイという品種もあり、丸ごと調理できるところに人気
があるようです。ラーメンなどのあんかけにも入っていることが多く、
日ごろよく口にする野菜です。これから乾燥と寒さで風邪が流行ってく
るので、ビタミンをしっかりとって、健康に冬を迎えたいですね。

====================================
◇重曹、酢などを使ったお手入れ、掃除◇

 環境問題の意識が世間で高まる中、弊社にもどんな洗剤を使っているの
か、体に害はないですか?等の問い合わせが増えてきています。雨の多い
時期になりなすと、締め切った収納内部などのにおいが気になります。に
おい対策にも重曹が重宝します。

『シンク下のにおい対策』

<準備するもの>
・アルコール(無水エタノール50:精製水50)
・重曹
・精油
・ぞうきん

<掃除方法>
・流しの下に収納している物を出し、配水管や棚など全体的にアルコール
をスプレーし、乾拭きする。
・収納している物が汚れていたら、同様にアルコールでスプレーし、乾拭
きする。
・重曹を空き容器に半分くらい入れ、精油を10滴入れてかき回し、邪魔に
ならない場所に置く。
・時々かき回し、においが気になるようになったら交換する。

====================================
◇小説・読み物情報◇

読書が趣味の編集者が、おすすめの読み物をご紹介させていただくコーナー
です。

『小さいことにくよくよするな!』
 
リチャード・カールソン著
大石 暁規:イラスト
小沢瑞穂翻訳
サンマーク出版発行
2004年11月発行

 学生時代、母からもらった本です。当時仕事場のすぐ近くに大型書店が
あったそうで、本好きな私に気になった本をよく買ってきてくれていまし
た。「ベストセラーになった本の絵本バージョンなんだって」と、新しい
物好きの母らしい理由で我が家にやってきたかわいい赤い本。見開き1ペー
ジで1つのアドバイスがイラストと一緒に紹介されている、非常にシンプル
で読みやすい本です。いろんなアドバイスが紹介されたあと、最後に「しょ
せんすべては小さいこと」と大胆に言い切られているのが、私は気持ちが
良くて好きです。落ち込んでいるときも十分に励まされるのですが、私は
逆に元気でモチベーションの高いときに読むのが好きで、熱くも冷たくも
ない、ほんわかとした平坦な状態に気持ちを持っていくことができるよう
な気がします。普通の状態や、なんでもないものがとてもありがたく感じ
られる一冊です。母が流行り物好きでよかった。ありがたやありがたや。

===================================
◇コラム◇

『帰宅』

 冬はすぐに日が落ちるので、帰宅の時間にはすっかり暗くなっております。
駅前は人通りも多く、お店もたくさんあるので、明るいのですが、住宅地に
はいるとわりと明かりが少なくなってきます。特に私の家の近所は街灯の本
数事体も少ない上に、学校がたくさんある地域なので、全体的に暗いです。
日当たりも悪いんです。雪が降るとうちの前だけ雪の残りが異常に長いんで
す。
 そんな道を通って毎日帰宅しております。先日、いつもは自転車を使うと
ころ、たまたま徒歩で帰っていました。友人と電話で話しながら、学校の門
の前を通り過ぎたとき。宿直室が面した廊下は電気がついているのですが、
ちょうど宿直室の前、扉の足元くらいのところに、白いものがさっと動いた
気がしました。条件反射でつい目で追ってしまったのがいけなかった。その
白い布的なものは、すっーと、全く上下に動くこともなく、平行移動で廊下
を通り、理科室方面へ走り去っていきました。よくみたら正体が○○だった、
というのがいつものオチでしたが、今回はいまのところオチが見つからず、
不可思議な現象のままになっています。前回のメルマガで学校の怪談につい
て触れたのがいけなかったのでしょうか。
 追い討ちをかけるように「そういうのを見てしまうということは、地域一
帯のオーラになにかあるか、波長があったのかもしれないですね」と衝撃の
一言を食らってしまいました。学校に囲まれた我が家の一帯。今日からどう
やって帰ろう。

===================================
◇天然バナジウム水配送しています◇

最近様々な食べ物ついての不祥事が続いていますね。
体内に摂取しなければいけない物ですから、確実に安全な飲み物、食べ物
の需要が高まってきています。私が子供の頃は水道水をがぶがぶ飲んでい
ましたが、今のお子様達は飲み水=ペットボトルやサーバーから出る水、という
認識しかないそうです。寂しい事に、いつの間にか水は生活用水と飲み水
とに使い分けていく時代になっています。
  そこで安全な飲み水としてお薦めなのが《天然バナジウム水》です。
富士山の北麓、海抜920mに工場を立地し、7層の玄武岩を通過して得ら
れる地下水を203mの井戸から採取しています。4大ミネラルを多く含み
硬度25度の超軟水でとてもまろやかな口当たりです。

弊社ではこちらの『天然バナジウム水』の宅配サービスを始めました。
全国配送可
1本12リットル入りボトル¥1,700  配送無料
サーバーレンタル料¥500

詳しくはこちらまでお問い合わせください                   
http://www.r-rental.com/products/waterone.htm

===================================
各事業部の詳しいお問い合わせ、最新情報はこちらまで

アールおそうじセンター   http://www.r-osouji.com/
アールメイド          http://www.r-maid.com/
アールレンタル        http://www.r-rental.com/
レンジフィルターねっと    http://www.rangefilter.net/
R-shop            http://www.r-goodshop.com/ 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
■登録・配信解除フォームはこちら■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
株式会社 アールアソシエイツ

本社: 東京都世田谷区用賀2-14-11 3F
(受付)03-3707-7290 (フリーダイアル)0120-599-070
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

メールマガジンTOPへ戻る

バックナンバー

2012年

2011年

さらに前のバックナンバーはこちら