≪アールアソシエイツ≫メールマガジン第78号

===================================================
□■~お客様のハッピーライフを演出する~          ■■
■■          ≪アールアソシエイツ≫メールマガジン      ■■
■■                            2011/2/1  第78号 ■□
===================================================

皆様こんにちは!!
アールアソシエイツメールマガジンの第78号です。
こちらを通じてお掃除に関する知識や、生活に役立つ情報などを皆様に
提供させていただきたいとおもいますので、弊社に興味をお持ちの方は
ぜひご登録宜しくお願い致します。

毎週火曜日発行。
配信解除をご希望されます方は、お手数ですがこちらの
フォームにて手続き願います。

■登録・配信解除フォーム■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ―――目次―――    
◇ほっとハッピータイム◇
◇重曹、酢を使ったお手入れ、掃除◇
◇プチ断捨離日記◇
◇コラム◇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
□「アールおそうじセンターのブログ」もあります□

「アールおそうじセンターのブログ」
http://ameblo.jp/r-souji/

=====================================
◇ほっとハッピータイム◇
「明日葉」
 
 生育が早く、今日若葉をつんでも明日にはまた新芽が伸びてくることから
「明日葉」の名前がついたといわれています。薬効のある山野草として古く
から利用されていましたが、近年、栄養価の高さや、効能が改めて認知され、
八丈島、大島などの伊豆諸島を中心に栽培されるようになりました。今では
特産品として「ハチジョウナ」の名でも呼ばれています。
 セリに似た香りがあり、カロテン、ビタミンB群、C,Eなどのビタミン
類と、カルシウム、鉄などミネラル類を豊富に含み、滋養強壮にも効果があ
るといわれています。

『明日葉と卵のスープ』
<材料>
・明日葉・・・1束
・卵・・・2個
・ブイヨンスープ・・・適量
・塩、こしょう・・・少々
・水溶き片栗粉、ごま油・・・少々
<作り方>
・明日葉はさっとゆでて、食べやすい大きさに切る。
・ブイヨンスープを煮立て、明日葉をいれ、塩、こしょうで味を整える。
・水溶き片栗粉でとろみをつけ、卵を溶きいれる。仕上げにごま油をたらす。

 明日葉には抗酸化作用があるカロテン、フラボノイドの一種カルコン、ビ
タミンEが豊富に含まれているので、花粉症にも効果があると期待されてい
るそうです。ちょうど今の時期から5月にかけてが旬ですので、花粉への効果
にも期待しつつ花粉症対策に美味しく取り入れていきたいですね。

====================================
◇重曹、酢などを使ったお手入れ、掃除◇

 環境問題の意識が世間で高まる中、弊社にもどんな洗剤を使っているのか、
体に害はないですか?等の問い合わせが増えてきています。お料理、洗い物
と、毎日使うキッチンのシンク。使い終わってそのままではなく、毎回さっ
とお掃除してきれいを保ちましょう。

『シンクのお手入れ』

<準備するもの>
・重曹
・クエン酸
・スポンジ
<掃除方法>
・シンクの中の三角コーナーや、洗い桶などをどけ、簡単に水で流す。
・湿らせたスポンジに重曹をつけて、全体の汚れをこすり落とす。
・水でシンクとスポンジを洗う。
・水はねの汚れが残っている部分は、スポンジにクエン酸をつけてこする。
・水できれいに流し、できれば仕上げにからぶきをする。

クエン酸も重曹も、100円ショップで簡単に手に入りますので、是非お試しく
ださいませ。

====================================
◇プチ断捨離日記◇

 片づけが苦手な私でも続けられるような「プチ断捨離」をご紹介していこうと
いうコーナーです。
 実は私、家事代行サービス業に携わりながら片付け、整理整頓が苦手です。本
で読んだ「ものをためやすいタイプ」でして、「これはいつか使うかも。」が多
く、「あったほうが役に立つかも。」で物を買ってきてしまう、という悪循環っ
ぷり。
 「片付け=苦手=嫌なこと」という方程式が頭に浮かぶから手をつけられない、
らそれなら苦手意識を取り払ってしまえたら、片付けられるようになるかもしれ
ない、と思い立ち、毎日少しずつ取り組むことにいたしました。まだまだ勉強中
ですが、皆様のお役に少しでも立てると幸いです。

第一回<断捨離とは>
 
 「物との関係を見直し、執着を断ち、捨て、離れる」こととあります。ものに
振り回されるのではなく、自分でコントロールし、大切に管理をしていくことが
大事だとか。人間の体と一緒で、ものがたまっている状態は、血流が滞っている
のと同じ状態と考え、血の巡り、新陳代謝をよくして、良いものをたくさん取り
込み、めぐらせていく、という状態を目指します。大原則は同じようですが、他
にもいろんな定義があるようです。まずは、断捨離の意味を知るところからスタ
ートしてみました。次回から、具体的に手を動かして、とにかく、とにかく「継
続」を目標に、取り組んでいきたいと思います。

===================================
◇コラム◇

「花粉の意外な入り口」

 早くも今年が始まって一ヶ月が過ぎました。2月に入ると、毎年恒例の花粉の
季節がやってまいります。暖かくなって、春が近づいてくるのは非常にありがた
いのですが、花が開くと花粉が飛ぶわけで、花粉が飛ぶと非常に目鼻がつらくな
るわけです。今年は昨年の3-5倍の飛散量らしく、恐ろしい話です。
 室内でも、窓は閉めているのに鼻がむずむずした経験、皆様もあるかと思いま
すが、窓のほかにも、花粉の入り口は意外とたくさんあるようです。その1つに、
室内吸気口があります。知らない間に入り込む花粉や、汚れを遮断して、きれい
な空気を室内に誘導するお手伝いをするのが、吸気口専用フィルター「エリア」
です。吸気口にかぽっとはめていただくだけの簡単装着ですので、手間もかかり
ません。家にマスクをするようなイメージですね。換気扇にフィルターを使われ
る方は多いですが、吸気口にフィルターをつけるというのは、あまり浸透してい
ない現状です。春の花粉症対策に、マスク、ゴーグルと一緒に是非試してみてい
ただければと思います。

サイズや詳細については、こちらのHPでご案内しております。
→http://www.r-rental.com/products/airsupplyfilter.htm

===================================

◇天然バナジウム水配送しています◇

最近様々な食べ物ついての不祥事が続いていますね。
体内に摂取しなければいけない物ですから、確実に安全な飲み物、食べ物
の需要が高まってきています。私が子供の頃は水道水をがぶがぶ飲んでい
ましたが、今のお子様達は飲み水=ペットボトルやサーバーから出る水、という
認識しかないそうです。寂しい事に、いつの間にか水は生活用水と飲み水
とに使い分けていく時代になっています。
  そこで安全な飲み水としてお薦めなのが《天然バナジウム水》です。
富士山の北麓、海抜920mに工場を立地し、7層の玄武岩を通過して得ら
れる地下水を203mの井戸から採取しています。4大ミネラルを多く含み
硬度25度の超軟水でとてもまろやかな口当たりです。

弊社ではこちらの『天然バナジウム水』の宅配サービスを始めました。
全国配送可
1本12リットル入りボトル¥1,700  配送無料
サーバーレンタル料¥500

詳しくはこちらまでお問い合わせください                   
http://www.r-rental.com/products/waterone.htm

===================================
各事業部の詳しいお問い合わせ、最新情報はこちらまで

アールおそうじセンター   http://www.r-osouji.com/
アールメイド          http://www.r-maid.com/
アールレンタル        http://www.r-rental.com/
レンジフィルターねっと    http://www.rangefilter.net/
R-shop            http://www.r-goodshop.com/ 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
■登録・配信解除フォームはこちら■ 
http://www.mag2.com/m/0000272304.html
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
株式会社 アールアソシエイツ

本社: 東京都世田谷区用賀2-14-11 3F
(受付)03-3707-7290 (フリーダイアル)0120-599-070
-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

メールマガジンTOPへ戻る

バックナンバー

2012年

2011年

さらに前のバックナンバーはこちら