MENU

賃貸のエアコンクリーニングは誰が負担する?入居前、入居後、退去時の負担先について解説

賃貸のエアコンクリーニング

賃貸物件のエアコンは住んでいる限り使うものなので、汚れやにおいをクリーニングで落としたいと思うこともあるでしょう。しかし、賃貸物件は借りものの部屋なので、エアコンクリーニングを自分の判断でしてもいいのか、気になったことはありませんか?ここでは、賃貸物件のエアコンクリーニングのやり方、費用の負担先について解説します。 賃貸物件のエアコンは住んでいる限り使うものなので、汚れやにおいをクリーニングで落としたいと思うこともあるでしょう。しかし、賃貸物件は借りものの部屋なので、エアコンクリーニングを自分の判断でしてもいいのか、気になったことはありませんか?ここでは、賃貸物件のエアコンクリーニングのやり方、費用の負担先について解説します。 賃貸物件のエアコンは住んでいる限り使うものなので、汚れやにおいをクリーニングで落としたいと思うこともあるでしょう。しかし、賃貸物件は借りものの部屋なので、エアコンクリーニングを自分の判断でしてもいいのか、気になったことはありませんか?ここでは、賃貸物件のエアコンクリーニングのやり方、費用の負担先について解説します。

そもそも賃貸でエアコンクリーニングはして良いの?

アパートやマンションなどの賃貸物件では、エアコンは備え付け、または自分で購入して設置する2つのパターンがあります。エアコンクリーニングをする場合、両者の対応は以下のように異なるので注意が必要です。

備え付けの場合は管理会社か大家さんに連絡をする

備え付けのエアコンの場合、メンテナンスを行う義務は大家さん側にあります。そのため、エアコンクリーニングをしたい場合、管理会社や大家さんに連絡を入れて指示に従うことが基本です。実際にクリーニングを行うのは入居者ですが、借りものという意識を持ち、勝手にクリーニングしないように注意しましょう。 

自身で購入したものでも相談はする

入居前にエアコンがなく、自分で購入して設置する場合、エアコンの所有権は入居者にあります。エアコン設置は大家さんに許可を取る必要がありますが、クリーニングに関しては自分の判断で行うことが可能です。 ただし、自分のエアコンだとしても、部屋の所有権は大家さんであることに変わりありません。特に、エアコンクリーニング業者は水を使って洗浄するため、水が床にこぼれる、壁の破損といった考えられるリスクがいくつかあります。勝手に業者に依頼したことでトラブルが起きると問題になるので、自分のエアコンであっても、管理会社か大家さんに一度相談した方がいいでしょう。

賃貸のエアコンクリーニングは誰が負担する?

賃貸物件のエアコンクリーニングは、所有権を問わず、どちらも管理会社や大家さんへの相談が必要です。しかし、肝心の費用はどちらが負担するのでしょうか?エアコンクリーニングの費用の負担は、入居間もない頃、入居中、退去時で扱いが以下のように異なります。

入居して間もない場合は大家さんか管理会社が負担する

入居して間もない頃に、エアコンの調子が悪い、異臭がするなど、正常に使えないことも少なくありません。これらの原因は、前の入居者が退去したときのクリーニングが不完全、古いエアコンに蓄積した汚れやにおい、老朽化による不具合や自然故障といった理由が考えられます。 このケースでは、まだエアコンを使っていない状況ということもあり、大家さんがクリーニングや修理の費用を負担することがあります。入居して間もない頃のトラブルは自分で対処せず、なるべく早く大家さんか管理会社に報告しましょう。

入居中の場合は自己負担がほとんど

入居後1年以上経過してから異臭がした場合、定期的な掃除を怠るなど、入居者のエアコンの使い方が原因とみなされます。住居のメンテナンスは基本的に大家さんが負担しますが、入居中のエアコンクリーニングに関しては、自己負担になるケースがほとんどといわれています。

ただし、故障費用は原則的に大家さんが負担しますが、クリーニングに関しては、大家さんによって対応がまちまちなのが現状です。クリーニングでも全額負担する、入居者が全額負担、交渉次第で負担の割合が変わるなど対応が異なります。入居してから時間がたった場合でも、自分でクリーニングをする前に交渉してみるのもいいでしょう。 また、大家さんとなじみのある、指定クリーニング業者があるケースもあります。大家さんにクリーニングを相談すると指定の業者に手配するため、費用を大家さんが負担することもあるようです。自分で業者を選んで依頼すると全額自己負担となるので、指定業者の有無も確認することをおすすめします。

退去時は大家さんが負担するのが一般的

賃貸物件から退去する際は、部屋を原状回復する必要があります。エアコンを含めたハウスクリーニングの費用は、普通に使っている範囲の汚れであれば、大家さんが負担するのが一般的です。もしも退去時にクリーニング費用を請求された場合、支払いを拒否しても問題ありません。

ただし、賃貸契約書に「ハウスクリーニング代を入居者に請求する」という記載がある場合、退去時に費用を負担する必要があります。退去する前に契約書に一度目を通し、クリーニング代の扱い方を確認しておきましょう。 また、退去時のクリーニング代を大家さんが負担する契約内容であっても、汚れがひどい場合は自己負担となるケースがあるので注意が必要です。たとえば、エアコンの近くでタバコを吸う、ペットの抜け毛など、使用する環境で汚れがひどくなります。エアコンの汚れが明らかにひどい場合は、大家さんに費用の件を事前に確認しておきましょう。

まとめ

賃貸物件のエアコンは、備え付けか自分で用意するかで所有権が異なります。備え付けの所有権は大家さんにあるので、クリーニングをする前に報告することが基本です。しかし、自分が所有するエアコンのクリーニングを業者に依頼する場合、清掃作業のリスクを踏まえ、事前に報告を入れましょう。また、入居して間もない、入居中、退去時はエアコンクリーニングの扱いが異なります。大家さんが負担する、または自己負担となるケースがあるので、賃貸契約書の内容と大家さんや管理会社への確認を必ず行いましょう。

Pocket
LINEで送る

Page
top