MENU

浴室のカルキ汚れを掃除する方法をわかりやすく解説!手順やメンテナンス方法、注意点とは

浴室の鏡や蛇口、タイルなどに付着する白い汚れは、カルキ(水垢)によるものです。カルキ汚れは浴室用洗剤で擦っても落ちないため、どのように掃除すればキレイになるのか、困ったことはありませんか?カルキ汚れの落とし方にはコツがあり、正しく掃除すれば驚くほどキレイになるのです。今回は、カルキがつく原因と掃除方法、掃除をする際の注意点について解説します。

浴室の白い汚れは水垢(カルキ)

そもそも水垢とは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル(金属分)が堆積したものです。浴室でシャワーや入浴をした水が蒸発すると、ミネラル分だけが残り、白い水垢汚れが付着するのです。水垢はカルシウムなどの金属の塊なので、浴室用洗剤で洗ったり擦ったりしても落ちないのが最大の特徴でしょう。

また、白い汚れは「水垢汚れ・うろこ汚れ・カルキ・スケール」などと呼ばれますが、カルキは水道水に含まれる消毒用の塩素のことで、厳密にいえば水垢とは異なります。

地域によって水垢の成分が異なる

水道水は地域によって含まれる成分が異なるため、水垢のつきやすさや成分も異なるのが特徴です。

水道水になる水はダムや河川以外に、地下水から汲み上げた水を使う地域も存在します。地下水は地層のミネラル分が溶け出したミネラル豊富な水になり、より頑固で落ちにくい水垢がつきやすくなります。言い換えれば、ミネラル分が少ない水道水の地域では、同じ条件で浴室を使っても水垢がつきにくいのです。

また、温泉が出る地域では、ミネラル分が豊富なだけでなく、温泉成分が加わるとさらに固い水垢ができてしまいます。鉄分が含まれている場合、茶褐色の水垢ができるケースもあるようです。このように、水垢は地域と水質により、できやすさと成分が大きく異なります。

浴室のカルキ汚れを掃除する方法

浴室のカルキ汚れの掃除方法は、物理的に擦って落とす、カルキを分解して落とすという2種類です。

擦って落とす場合は、メラミンスポンジやアルミホイル、ダイヤモンドの粒子が入ったパッドなどを使用します。これらは表面を研磨する効果があり、軽度なカルキ汚れなら擦るだけで簡単に落とせます。

一方、カルキを分解する方法は、クエン酸や水垢落とし用洗剤を使用します。クエン酸はレモンなどに含まれる酸性の成分で、アルカリ性のカルキ汚れを酸性で分解し、柔らかくする効果があります。クエン酸は100円ショップでも売っているので、1つは持っておくと便利です。研磨では落としきれない頑固なカルキ汚れや、浴室に傷をつけたくない場合に適しています。

そこで、浴室で特にカルキ汚れがつきやすい、「床・浴槽・蛇口」の掃除方法を紹介します。

床やタイルのカルキ汚れを落とす方法

床やタイルのカルキ汚れは、クエン酸を水に溶かしたスプレーを使って掃除すると効果的です。クエン酸スプレーは、水またはぬるま湯200mlと、クエン酸小さじ1杯の分量を溶かすだけで簡単に作れます。

乾いた床のほこりやゴミを取り除いたら、クエン酸スプレーを床のカルキ汚れに吹きかけます。その上にキッチンペーパーを貼りつけ、上をラップで覆った状態で数時間~半日ほど放置しましょう。そうすることでカルキ汚れが浮くので、擦るだけで簡単に落とせます。

浴槽のカルキ汚れを落とす方法

浴槽のカルキ汚れは、クエン酸スプレーとラップを使って落としましょう。

カルキ汚れにクエン酸スプレーを吹きかけ、その上にラップを貼って2~3時間放置します。時間が経ったらラップを外し、シャワーをかけながらスポンジで磨くと、カルキ汚れがキレイに落ちます。

蛇口のカルキ汚れを落とす方法

蛇口のカルキ汚れも同様に、クエン酸スプレーを使うと効果的です。

蛇口にそのままスプレーすると流れ落ちてしまうので、あらかじめキッチンペーパーを巻き付け、その上からスプレーするのがポイントです。スプレーが終わったらラップを巻いて2~3時間ほど放置したら、メラミンスポンジを使って磨きましょう。

浴室のカルキ汚れを掃除する注意点とメンテナンスについて

浴室のカルキ汚れを掃除する場合、3つの点に注意が必要です。また、カルキ汚れを防ぐメンテナンスを取り入れると、掃除がより楽になります。

浴室のカルキ汚れを掃除する注意点3つ

カルキ汚れを掃除する場合、以下の注意点があります。

・力を入れて長時間研磨すると疲労を感じる
・力を入れて擦ると素材に傷がつく
・クエン酸をしっかりすすがないとサビの原因になる

メラミンスポンジなどで研磨する場合、固くて落ちにくいカルキ汚れを長時間手で磨くのはかなり骨の折れる作業です。特に、長年放置した頑固なカルキ汚れの場合、力を入れて擦らないと落ちないため、素材に傷がつくおそれがあるので注意しましょう。

また、クエン酸スプレーを使ったあとのすすぎが不十分だった場合、蛇口などの金属にサビが発生する原因になります。クエン酸を使う際は、擦り終わったらすぐに洗うことを心得ておきましょう。

浴室のカルキ汚れを未然に防ぐためにできること

浴槽や蛇口に残った水を放置し、蒸発することでカルキ汚れとして残ります。そのため、入浴後は浴室内の水分をこまめに拭き取ると、カルキ汚れの発生を抑える効果が期待できます。

また、軽度のカルキ汚れなら、水を含ませたメラミンスポンジで軽く擦るだけで簡単に落とすことが可能です。掃除を楽にするために、カルキ汚れができたらこまめに磨くことを習慣にしましょう。メラミンスポンジは、洗面所に常備しておくことをおすすめします。

まとめ

浴室内にできる白い汚れは、水道水に含まれるミネラル分が堆積したものです。カルシウムやマグネシウムなどの金属の塊なので、皮脂汚れなどを落とす浴室用洗剤で落とすことはできません。そのため、カルキ汚れは手で研磨するか、酸で分解して落とす必要があります。クエン酸をスプレーしたら放置して擦るのが基本的な掃除方法ですが、キッチンペーパーやラップを組み合わせるとより効果的です。

ただし、研磨は作業が大変で素材に傷がつくおそれがある、クエン酸はサビの原因になるので注意しましょう。大変なカルキ汚れの掃除を楽にするために、カルキ汚れができない環境にすることと、早めに対処することが重要です。

Pocket
LINEで送る

Page
top