MENU

窓ガラスを交換する前に知っておきたい窓ガラスの種類と交換費用

窓ガラスの種類と交換費用

窓ガラスにヒビ割れが生じたり、ガラス自体が劣化して白く曇ってしまった場合などには、窓ガラスの交換が必要になります。その際、まず気になるのは、窓ガラスの交換費用ではないでしょうか?窓ガラスと一口に言ってもその種類は様々で、種類によって交換費用にも違いが見られます。
そこで、今回の記事では、窓ガラスの種類と代表的なタイプのガラスの交換費用について解説します。

■窓ガラスには一般ガラスと機能ガラスの2種類がある

窓ガラスには、大きく分けて一般ガラスと機能ガラスの2種類があり、それぞれ以下のような特徴を持っています。

一般ガラス

一般ガラスとは、昔から家の窓ガラスとして一般的に使われてきたタイプのガラスで、一枚で作られているのが特徴です。

透明度が高く、光を部屋の中に取り入れやすいため、明るい空間づくりにぴったりのガラスです。比較的安価で購入できるのもメリットといえるでしょう。

一般ガラスには、さらに次のような種類があります。

・フロートガラス

フロートガラスは基本ともいえるガラスで、最近よく耳にするようになった防音ガラスや強化ガラスは、このフロートガラスを加工して作られています。容易に加工できるため、DIYでもよく使われているほか、ガラステーブルトップやガラス棚板などにも使われているガラスです。

・網入ガラス

網入ガラスとは、ガラスの内部にワイヤーを入れて作ったガラスです。火災で窓ガラスが破損した際に破片が飛び散らないようにすることを目的としており、「防火設備用ガラス」や「金網ガラス」、「線入りガラス」と呼ばれることもあります。

ワイヤーの入り方によって、クロスワイヤー、ひし形ワイヤー、ユニワイヤーなどの種類に分けられます。

・型板(かたいた)ガラス

型板ガラスとは、ガラスの片面にデコボコとした模様を付けて、ガラスの向こう側がはっきり見えないようにすることを目的としたガラスです。外からの視線は遮りながら、光はしっかり通してくれるガラスなので、お風呂やトイレ、玄関のような明るさをキープしつつプライバシーを守りたい場所に向いています。

・すり板ガラス

すり板ガラスとは、フロートガラスの片面に、あえて小さなキズを加工して付けることによって透明度を低くしているガラスです。すりガラスと呼ばれることも多く、このガラスも光を通しながらも視線を遮る効果があります。主に和室のガラス障子などに多く使われているガラスです。

機能ガラス

機能ガラスとは、風や熱に強く、割れたときに飛び散りにくいといった特殊な機能を持つガラスのことで次のような種類があります。

・防犯ガラス

防犯ガラスとは、ガラスを2枚合わせ、その間に衝撃に強いポリカーボネートというプラスチックの板を挟んで作られたガラスです。そのため、窓ガラスを打ち破って侵入する空き巣などに対する防犯効果が高く、セキュリティを重視したい場合には最適のガラスといえるでしょう。

・防音ガラス

防犯ガラスと同じように、防音ガラスも2枚のガラスを合わせて作られています。ガラスが2枚使われていることから、外部からの音の遮断効果に優れているだけでなく、家の内側の音を外部に漏らさないようにする効果も期待できます。交通量の多いエリアに住んでいる場合や、家で楽器を演奏する場合などには特におすすめのガラスです。

・防火ガラス

防火ガラスとは、耐火性・耐熱性に優れたガラスです。また、高い強度を持ち、割れてしまった場合でも破片が粒状になるため安全性にも優れています。ワイヤーなどが入っておらず、見た目が透明で美しいのも大きな特徴といえるでしょう。

・強化ガラス

強化ガラス(安全ガラス)とは、普通のガラスの約3.5~4倍の強度を持つガラスで、熱や風圧に対する耐久性に特に優れているのが特徴です。

・複層ガラス

複層ガラスとは、2枚のガラスの間にスペーサーと呼ばれる金属部品を挟んで空間を作ることにより、断熱性を高めたガラスです。2枚のガラスの空間部分に空気層を挟んだ構造となっており、この空気層が冬は外の寒気を遮断し、夏は太陽による熱気を室内に入れにくくしてくれます。

・Low-E複層ガラス

Low-E複層ガラスとは、複層ガラスの内側を特殊な金属膜でコーティングすることによって、断熱効果だけでなく遮断効果も得られるガラスです。基本的な構造は複層ガラスと同じですが、断熱効果・遮断効果の両方を持ち、エアコンやストーブの使用頻度が少なくできることから、より高い省エネ効果が期待できます。

■窓ガラスの交換費用

今度は、窓ガラスの交換費用の相場について見ていきましょう。前述したように、ガラスの種類はかなりバラエティに富んでいるため、こちらでは代表的なガラスをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

フロートガラスの交換費用

フロートガラスの交換費用は、厚さ5mm・90cm×90cmサイズの場合で1万円~2万円程度、90cm×180cmサイズの場合で2万円~3万円程度が相場となっています。

網入ガラスの交換費用

網入ガラスの交換費用は、厚さ6.8mm・90cm×90cmサイズの場合で2万円~4万円程度、90cm×180cmサイズの場合で4万円~5万円程度が相場です。

強化ガラスの交換費用

強化ガラス(安全ガラス)の交換費用は、厚さ5mm・90cm×180cmサイズの場合で3万円~5万円程度が相場となっています。

こちらに記載されていない種類のガラスの場合は、事前に何軒かの業者に問い合わせ、見積もりを比較してから依頼することをおすすめします。

■まとめ

窓ガラスの交換は、そうそう頻繁に行うものではありませんので、費用が分からなかった方も多かったと思います。本記事で窓ガラスの種類ごとに費用感も解説しましたので、参考になれば幸いです。

なお、窓ガラスの交換にかかる費用は、ガラスの種類やサイズ、さらに業者によってもかなり差があるというのが現状です。窓ガラス交換を依頼する場合は、複数の業者に問い合わせてみるのがベストでしょう。

Pocket
LINEで送る

Page
top